O脚の方にベネシュ!

2020/12/11 ブログ
logo

健康寿命を伸ばす熊本の靴の店ベネシュ・ウーノ水前寺です。

今日からしばらく、O脚とひざの痛みについてシリーズで書いていきます。まずは、O脚になる訳から…。

O脚への入り口は色々あります。そのいくつかを挙げてみましょう。

●外反母趾である

●ゆるい靴を履いている

●外股で歩く

●内股で歩く

●靴のかかとが柔らかい

●靴の底のすり減りが外側に偏っている 

私は若い時からO脚で、足の形が悪いのは遺伝か⁈と恨んでいました。遺伝は外反母趾でした。中学時代に外反母趾になり始め、続いてO脚にもなっていったのです。(小学校時代の写真の私はO脚ではありません!)

外反母趾の人がO脚になる理由は、親指の向いている方向にあります。親指が小指側に倒れていくので、歩くたびに体重が外側に外側にと移動してしまうのです。外側に力がかかると、ふくらはぎの外側の筋肉が内側の筋肉より発達していき、段々と脛骨(長いすねの骨)を外側に引っ張っていくようになります。

私がO脚になったのはこのためでした。そして、後々腰やひざの痛みにつながっていったのです。もちろん、ベネシュに出会ってO脚を改善することができました。

では、明日はゆるい靴とO脚について。